学校で面接の練習をしてもらう

転職者の退職理由について、面接官は神経を尖らせます。

学校で面接の練習をしてもらう
学校で面接の練習をしてもらう

面接官が神経を尖らせること

PAGETITLE
転職者の退職理由について、面接官は神経を尖らせます。応募者側に何かしらの問題があり、辞めざるを得なくなったのではないかと疑う面接官は多いです。もし、疑いを持たれると、質問攻めにあうでしょう。しかも、かなり踏み込んだ質問ばかりされることになります。また、回答が少しでもあいまいだと、隠し事をしていると考えます。では、優等生的な模範解答をした場合はどうでしょうか。評価されると思うかもしれませんが、マニュアルを暗記してきたのではないかと思われることもあります。退職理由はしっかりと語れるようにしておきましょう。

志望動機につながる前向きな理由を明確に述べる、これを大切にすることです。キャリアアップや新しいことに挑戦と言うキーワードは、なるべく盛り込まないことがポイントになります。これらを使うと、マニュアル回答と思われる可能性が高まるからです。また、きちんと退職理由を語ったものの、突っ込んだ質問が続けて出された場合、焦ってしまうでしょう。しかし、焦ってはいけませんし、弱気になる必要もないです。突っ込んだ質問が続いたら、採用候補として見てくれている、または自分は試されているんだと思うようにしましょう。