学校で面接の練習をしてもらう

30代以上の転職者は、即戦力性があるかどうかを厳しく見られると言うことを頭に入れておきましょう。

学校で面接の練習をしてもらう
学校で面接の練習をしてもらう

面接でどうしてこの職種を希望したのかと聞かれたら

PAGETITLE
30代以上の転職者は、即戦力性があるかどうかを厳しく見られると言うことを頭に入れておきましょう。とくに異業種からのキャリアチェンジ希望者、経験が浅い応募者には厳しい判断が下されます。面接でどうしてこの職種を希望したのかと言う質問に対し、興味があったからと言う答えではいけません。新しいことにチャレンジしたかったと言うのもNGです。採用担当者からしたら、興味本位で選ぶなと思うでしょう。また、当社は試す場かとも感じるはずです。経験のない職種を選んだ場合は、まず、応募先企業の業務内容を把握することが大切になります。

そして、自分の今までの経験や知識を関連付けて、何ができるかやどれくらい貢献できるかを具体的に語るようにしましょう。職種が違っても、今までの経験と知識が役に立たないと言うことはありません。しっかり自己分析すれば、異業種でも活かせることは見えてきます。また、面接を受ける前には、その職種に関連する勉強を始めておくといいでしょう。それはかなりのアピールになります。30代、40代でもキャリア不足を補うために前向きに学習している姿勢は、必ず評価されます。決して、今までのキャリアの上にあぐらをかいていてはいけません。