学校で面接の練習をしてもらう

採用担当者に不安を感じさせるブランク期間は、3ヶ月以上と言われています。

学校で面接の練習をしてもらう
学校で面接の練習をしてもらう

ブランクが3ヶ月以上あっても面接に呼ばれたのなら

PAGETITLE
採用担当者に不安を感じさせるブランク期間は、3ヶ月以上と言われています。3ヶ月以内ならあまり問題視されないと言うことです。退職後の就職活動に3ヶ月以上かかっている人は、即戦力性に懸念を抱かれると言うことを頭に入れておきましょう。中には、勤勉性を疑う採用担当者もいます。しかし、今のご時勢3ヶ月以上かかることも珍しくありません。とくに、40歳をすぎた転職者の場合、なかなか再就職先が見つからないと言うことはよくあります。ですから、焦って自分を見失ってはいけません。3ヶ月以上のブランクがあると、絶対に採用されないと言うわけではないです。

ブランクが3ヶ月以上あっても面接に呼ばれたのなら、合格する可能性は十分にあります。ブランクが3ヶ月以上の人は対象外と言うのなら、書類選考の段階で落とされるからです。ブランクのことを過度に不安に思う必要はありません。とは言え、採用担当者の不安を払拭することが重要になってきます。転職活動はしていたが、なかなか決まらなかったと言ってしまってはだめです。余計に不安を抱かれてしまいます。自己研鑽に励んでいたと言うがベストでしょう。また、情報収集は常に怠らなかったと言うことも伝えたいです。