学校で面接の練習をしてもらう

面接では色々なことを答えなくてはいけません。

学校で面接の練習をしてもらう
学校で面接の練習をしてもらう

面接での答えは短くて分かりやすいことが大事

PAGETITLE
面接では色々なことを答えなくてはいけません。どんな質問の答えも、短くて分かりやすいことが理想的です。何が言いたいのかが分からないと、採用は遠のくでしょう。大事にしたいのは、一番重要なことを最初に述べると言うことです。簡単なことなのですが、これができていない転職者はたくさんいます。小学校のときに起承転結を習ったでしょうが、それは転職面接においては不要です。ビジネスコミュニーケーションでは、起承転結ではなくPREP法で述べるようにしましょう。PREP法とは、結論を述べてから理由を挙げ、具体的に詳細を語ってから最後に再び結論で締めくくると言うことです。

この話し方なら、採用担当者との間にずれが生じにくいでしょう。また、話しの構成も重要ですが、一つひとつの文章を短くすると言うのも心がけることです。句読点が延々と続くような話し方ではいけません。聞き手は嫌気がさしてきます。話す方も何を話しているか混乱してしまうことも少なくありません。適度に区切るようにしましょう。面接を受ける前に、一度答えを書き出して見返してみることです。文章が長いかどうかすぐに分かるでしょう。また、構成が正しいかどうかも分かります。