学校で面接の練習をしてもらう

面接での話し方のコツを記載します。

学校で面接の練習をしてもらう
学校で面接の練習をしてもらう

面接での話し方のコツ

PAGETITLE
面接での話し方のコツを記載します。まず、ハキハキと話すことが一番大切です。語尾を延ばすような話し方はやめましょう。語尾をしっかり切って話すことでハキハキとしゃべることができます。また、最初の一音は少し大きめに話すように心がけましょう。最祖の一音をはっきりと発音することで、相手が聞き取りやすくなる効果があります。次に話すときの目線ですが、しっかりと相手を見据えて話しましょう。ただし、あまり目をじっと見すぎたりしますと失礼になりますので注意しましょう。面接官が複数いる場合には質問してきた相手を見ながら話しましょう。

また、なるべく言葉に詰まらないように話すためには準備と練習が大切です。面接で聞かれる定番の質問についてはあらかじめ言葉を用意しておきましょう。ただしあまりにかっちりとまとめすぎていると、自然さが足りなくなりますので話すことは大体でまとめる程度がおすすめです。また、面接の練習はなるべく回数をこなしましょう。時間があまり取れない人の場合には頭のなかでシミュレーションして本番に挑みましょう。学生の場合には、就職科で行っているセミナーなどに参加して面接の練習をしましょう。転職の場合には、コンサルタント会社などでサポートしてくれます。

最近の急上昇ワード求人は、深く知るならココが手軽で便利です。